Search this site
<< テンプレートが… | TOP | 入院生活10日目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
ウェディングパーティを語る

2年前の6月に結婚したんですが、そう言えば今頃は準備にすったもんだしてたなぁ、と、ちょっと懐かしくなったので、内容を思い出しがてらパーティに使った曲なんぞ書き留めておきます。
パーティと書いてますが、いわゆる結婚式・披露宴はしていません。が、親戚にはお披露目しないといけないという私の主張と、披露宴はしたくないけど会社・友人関係とパーティしたいという旦那の主張の折半案として、2部制の食事会という形をとりました。一段とカジュアルなレストラン・ウェディングのようなものですかね。
その1次会の内容と選曲について…。
もしかウェディングソングをお探しの方がこちらに辿り着いてもあまり参考にならない程にベタな選曲ですが、音楽関係?かなんかそっち方面の仕事をされている旦那の友人に褒めて頂いたようなので、雰囲気は良かろうかと思います。


入場〜リングリレー : May It Be / Enya
言わずと知れた映画『The Lord of the Rings』のテーマソング。
食事会とは言ってもちゃんと司会も立てて、純白のドレスもちゃっかり着ちゃってるもんだから“結婚しましたよ”という何かしらのセレモニーをした方が良いかと、リボンを持って頂いて整列した出席者に挟まれるように入場した後、リングリレーをしました。
荘厳な曲なのでちょっと物々しすぎるかなと思いましたけど、意外と合っていたと思います。何よりも曲のタイミングが恐ろしい程にピッタリだったのに驚いた。職人技。指輪の交換が終わって一礼したタイミングでラストのLotRのテーマが流れた時は鳥肌もんでした。


中座退場 : Lovin' You / Shanice
定番中の定番。選曲に困った時用として『ETERNAL LOVE』というオムニバスアルバムを購入したのですが、その中にあった1曲。数ヵ月後に出席した披露宴でも違うバージョンが入場の時に使われていたなぁ…。
ドレスは1着だったのですが、演出上どうしても一旦退場しなければならなかったので「私の大切な人と退場」なんてのをやってしまいました。結構恥ずかしい。二人とも両親と退場したんですけどね。なので『Lovin' You』。母は泣いてたな。
で、退場するからには何処かを変えなきゃいけない、ってので、メイク、髪型、アクセサリー、手袋を変えましたがあまり気づかれてなかったと思います。


再入場 : うれしい!たのしい!大好き! / Dreams Come True
ベタ過ぎてごめんなさい、って感じですが。どうしてもこの曲使いたかったんですよね。花嫁の浮かれっぷりが良く表れた選曲だと思います。
暗転から最初のコーラスが流れ、タタタターン タン タ タン で照明がバッ!!と点いて入場、と素敵でした。


テーブルラウンド2回目 : 魔法のコトバ / スピッツ
              ふれて未来を / スキマスイッチ

再入場と上記2曲のたっぷり3曲で2回目のテーブルラウンド。2回目?2回目です。
ここでは旦那がビールサーバーを担いで、私は写真を配りました。どうしても必要な退場とは、この写真のプリントアウト作業をしていたからw
中座前の1回目のテーブルラウンドで写真撮影し、カメラマンさんに即データを借りて持ち込んだプリンターで打ち出してたんです。プランナーさんもメイクさんもビックリしていました、お見送りの時に配る人はいても、テーブルラウンドで配る人はいねぇって。
ここで使ったビールサーバーも持ち込み。レストラン側の契約外のビールだったのにも関わらず、我が家の色々な事情で某ビール会社しか飲めない事を受け入れて下さって。このレストラン、融通がきくというか、至れり尽くせりで本当に有難かったです。手作りの飲食物と花はレストランなので持ち込みは出来ませんが、他はすべてOKで足りないものは貸し出して貰え、さらにどちらも無料。あまりのフランクさに驚きでした。
曲ついては、とにかく爽やかに。あと、私の好きなアーティスト。この時点でスキマには冷めてた上に特別好きな曲でもないけど(苦笑)雰囲気が良いので。でも、この曲って本当は「彼女」に出会う前なんだよね…。


花束贈呈 : Sweet Berry Kiss / Cocco
花嫁の手紙は読んでません。ってか書いてません。一言挨拶だけです。あと、ウェイトドールやりました。私の両親にグレーのウサギを、旦那の両親には某マスコット(バレバか?)を。
ウサギは何ヶ月もかけて作りました。
2年前の今頃、間に合わなくて夜なべしまくってチクチク縫ってましたね。本当につらかった。そんな血と汗と涙の結晶は、実は兄の体重だったというとんでもねーオチつきです。母子手帳、見るとこ間違えました(大馬鹿野郎)。両親は体重の件が気になって涙どころじゃなかったらしい。
この曲を知っている人なら、何でこんな場で使うの??と疑問に思うことでしょう。旦那も不向きなんじゃ?と言ってくれていましたが、初めてこの曲を聴いた時から結婚した時には絶対に使いたいと何年も思い続けていたのでゴリ押ししました。
曲の雰囲気とCoccoの声が理想的だったのと、歌い出しの「Daddy(Mammy) thank you for your kiss」これだけの為です。


退場〜お見送り : Winding Road / 絢香×コブクロ
この曲に出会うまで凄い悩みました。私はスピッツの『スピカ』か『謝々』を使いたかったのですが、旦那がイマイチで。スピッツで1曲使っちゃってるし。で、二人でこの曲を聴いた時「コ レ ダ !!」と大盛り上がりで即決しました。
ちなみに『謝々』は2次会の退場曲で使いました。


こうやって2年前の出来事を思い出し書いている内に、色んな事が蘇ってきました。結婚が決まってから入籍日を決めて、それから会場探し。会場が決まってからの準備期間はたった3ヶ月。目まぐるしかったなぁ。大変でした…・・・。せめて準備に半年は欲しかった、と改めて思います。
その事も私の数年後用に、また書いておこうかな。



------------------------------------------
テンプレート変更しました。流石に何年もさわってないとHTML忘れてしまうな。
自力でカスタマイズは諦めました。

posted by misa | 12:53 | 日々の出来事 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 12:53 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://fcolors.jugem.cc/trackback/887
トラックバック